コンテンツへスキップ

コピー、複合機、スキャナーの特徴

会社のオフィス機器にはコピー機や複合機、スキャナー等が置かれていますがそれぞれメリットやデメリットがありますので紹介します。

①コピー機

コピー機はコピーを取る専用機器で、印刷を行う事はできませんが専用機器なので普通紙はもちろんの事、書籍や厚紙までコピーを行う事ができるのが特徴です。

性能や操作性については価格によって異なりますが、複合機に比べて安定しているのが特徴です。

価格についても複合機に比べると安価になっています。

②複合機

複合機は、その名前の通りコピー、印刷を行う事ができるOA機器です。

オプションを付けるとスキャナーもできます。

OA機器について幅広く使用できるのが特徴的ですが、ランニングコストが高いのでデメリットな部分もあります。

あと、機器についても精密なのでコピー機やスキャナーに比べると比較的壊れやすい所もあります。

②スキャナー

スキャナーについては、コピーや複合機と違い複製や印刷を行うのと違い、紙等で制作した物をデータ化する事ができる機器です。

形式はpdf形式やjpeg形式、png形式など作成する事ができ、パソコン上で加工やプレゼンテーションをする時にスキャナーを利用します。

価格についてはコピー機や複合機に比べると安価ですが、利用頻度としてはコピー機や複合機に比べると使用頻度は少ないです。