複合機は用紙速度で性能が決められます

PR|自然素材でリフォーム出来る工務店

複合機はインクジェットと異なるところは、インクの湿式に対してレーザー感光体による乾式もありますが、用紙の搬出スピードで差がついています。

インクジェットはインクヘッドを高速に移動しても1分間で20枚コピーできるタイプが高速の範囲といえますが、レーザー方式の複合機の場合は50枚ぐらいが高速の領域になります。

複合機の用紙速度を早くする技術としてモータの速度を上げています。一般に複合機が用紙速度が速いと製品の形状が大きくなるのはモータの個数やギヤが増えることも一因です。

印刷領域に使用される複写機は100枚近くの用紙速度が得られますが、かなり大型になります。このクラスになるとモータの個数だけではなく転写とよばれる機構も大きくする必要があるからです。

カラー複写機の場合は転写ベルトを使用することが多く、高速で複写するためにベルトに多くの画像が転写されている方が有利なのでベルトの長さが3m近くあります。

用紙速度が速くなると部品が消耗しやすくなるので、低速機よりは高価な部品が使用されています。

ショッピングカート設置|相互リンク募集中|相互リンク募集サイト|ページランク別相互リンク集|PageRankExpolreオ|オーディオ|全身脱毛どこがいい|seoリンク|驚愕頭部|心の童話|女性の人生|相互リンク|MY2-Link|童話集|