コンテンツへスキップ

批判的なリプにばかり反応していると

PR|自然素材でリフォーム出来る工務店

フォローもフォロワーも多く、何かつぶやいたら高確率で様々な反応をもらえるようなツイッター上である程度以上人気の人の事をアルファツイッタラーと呼びます。
まあ殆どの人はアルファとはいかないでしょうが、ツイッターデータ分析の仕事をしていると見かけることがあります。ちょっと今起きている事件や社会的現象について何か発言をしたり、軽い気持ちで上げた作品が何か異常な反響を呼び4桁5桁の大量リツイートやいいねを貰うことはあり得ます。
一定以上の文章力や作品制作力がその前提ではありますが。

さて今までそんな事が無かったのがいきなり大量の反応をもらうようになると、批判的な意見が目立ってくることに気が付く事でしょう。
批判意見の中でも、特に的はずれだったり日本語で何を言っているのか分からない、また粘着して攻撃してくるものなどを総称してクソリプと呼んだりします。
このクソリプが見られるようになる閾値が、あるツイートに対するリプライ(文章による返信)が100を超えたあたりからだと言われています。
クソみたいなリプライだからクソリプ、と言う事ですね。

さて、多くの人にあるであろう性質として「賛同意見よりも批判意見に反応したくなる」というのがあります。
性質として備わっている以上何か野生生物の本能として重要な意味があるのでしょうが、ツイッターにおいては逆に危険です。
どういうことかと言うと、上記と同じように人間の性質として「自分のリアクションに対してさらにリアクションをくれた人とより強く繋がろうとし、無視されたら離れていく」と言うのがあるんですね。

つまり、批判する意見にだけ反応しているとツイッター上で反応をくれる賛同者がほとんどいなくなり、自分を批判するような種類の人間に囲まれている事態に、気付いたら陥っていると言う事になりかねないのです。
もちろん平均値を遥かに超える大量のクソリプにも悩まされる事でしょう。
敵よりは友達を大事にしましょうと言うのは、ネットを離れれば、ほぼ当たり前の事と認識できるんでしょうけどね。

pr|ショッピングカート設置|相互リンク募集中|相互リンク募集サイト|PageRankExpolre|オーディオ|じゃんけん|四季の童話集|相互リンク|童話集|英語上達の秘訣|工務店向け集客ノウハウ|カラスの童話|生命保険の選び方|